借金の悩みを即日に解決する

借金の悩みを即日に解決するには

DX妖怪ウォッチタイプ零式

借金の悩みは深刻です…
自分だけでなく家族も巻き込んでしまいます。

 

まじめな人ほど何とか頑張って返済しようとします。
その結果身動きの出来ないほどに追い詰められてしまい、借金地獄とやらに陥っていきます。

 

もう借金の事で悩むのは終わりにしませんか?
「借りたものは返さなくては・・・」と思うあなたは立派です。
でも家庭崩壊してまでも返さなくてはいけないものなのでしょうか?

 

いまは借金問題なんて簡単に解決できる時代です。
借金の悩みを相談、解決してくれる所はいくらでもあります。

 

借金相談で借金苦解消

このあたりで肩の荷を下ろしましょうよ。
専門家に相談して借金問題を解決してもらいましょう。
そして今までとおりの平穏な家庭生活を取り戻すのです。

 

借金解決には、任意整理、個人再生、自己破産、特定調停など
いくつかの解決方法が用意されています。

 

しかも、これらの借金解決方法は自分ですることはありません。
弁護士や司法書士の専門家があなたに代わって全ての手続きをしてくれるのです。

 

あの嫌な取り立ての連絡もピタッと止まります。
貸金業者と直接お話しをすることなど一切ありません。

 

長年味わったことのない平穏な時が訪れることでしょう。

 

このサイトでは借金の悩みの解決方法、借金整理の方法、
専門家に相談する際の注意点など借金で悩んでいる人の視点で書いてあります。

 

一通り読んで頂ければ、借金問題なんて簡単に解決できることが分かっていただけると思います。

 

私の借金生活の実態

かつて私自身が借金問題で悩み、苦しみ、家族も巻き込んで
しまってどうしようもなく追い詰められた経験があります。

 

DX妖怪ウォッチタイプ零式
督促状の山 

 

サラ金、信販、国金、信用金庫、信用組合、銀行などありとあらゆる所から借りまくっていました。
その総額は500万円は軽く超えていました。

 

恥ずかしい話しですが自分でもいくら借りているか分からなかったです。

 

しかし、「借りたものは返すもの」という常識をいったん捨てました。
そして幾つかの借金整理方法を実行して今は平穏なひとときを取り戻すことができました。

 

(今も返済中です。月々の返済額はぜんぜん無理のない金額ですんでいます)

 

今現在、借金問題で悩んでいるあなた、すぐにでも専門家に相談して解決を図るべきです。
このサイトでは信頼のおける借金問題の専門家も紹介しています。

 

費用面でも債務者側の立場で対応してくれています。

 

一刻も早く相談をしてください。
そして今の私みたいに平穏な生活を取り戻してください。
あなたのご検討を陰ながら応援しています。

 


借金問題解決の実力派ベスト

司法書士法人杉山事務所

週刊ダイヤモンド誌でサラ金が恐れる司法書士NO.1に選出された専門家です。
過払い金の返還実績も日本一。

 

毎月5億円という巨額の過払い金が依頼者に返金されています。
少しでも有利に借金整理、過払い金問題を解決したい人におススメします。
日本全国に7つの事務所があるので安心してお住まいの近くの事務所に相談ができます。

相談

初期費用

手数料

対象地

無料

ゼロ円

分割可

全国

 

 

 

【サンク総合法律事務所】

DX妖怪ウォッチタイプ零式



サンク総合法律事務所は、安心信頼の弁護士事務所です。
相談者の置かれた状況を第一に考え、最適な解決方法をアドバイスしてくれます。

 

  • 依頼する費用がない…
  • 家族に内緒で解決したい…
  • 仕事で夜間しか相談できない…

ご安心ください。しっかりと貴方の要望を受入れてくれます。

 

弁護士は敷居が高くて…なんて思っていませんか?
ぜんぜん大丈夫です。親身になって相談に応じてくれることでしょう。
とりあえず、web相談から始めてくださいね。

相談

初期費用

手数料

対象地

無料

ゼロ円

分割可

全国

DX妖怪ウォッチタイプ零式

 

 

 

借金が返せない場合

借金が返せなくなったらどうすればいいのか?
その答えは簡単で明快。

 

返さなくてもいいです。

 

なぜなら、返せないものは返せないからです。
ないものを返せるはずがないからです。

 

実を言いますと、返せない借金を無理やり返している人がいます。
借金を返すために別の所から借金をして返済に充てているのです。

 

この行為は近いうちに必ず切羽詰まる時がやってきます。

 

多重債務者と呼ばれている人は全てが借金の返済のために借金をしています。

 

考えてもみてください。

 

元金に加えて利息までも支払うために、利息が掛かる借金をするわけです。
こんなのが3〜4回でも続けば必ず行き詰まりが訪れます。

 

冷静に考えれば誰でも分かる簡単な理屈ですよね。

 

しかし、借金の返済に頭を悩ませている人は、こんな簡単な理屈さえ分からなくなっています。
それほど借金の苦しみは分別がつかなくなってしまうのです。

 

ですので、借金が返せない場合は絶対に無理して返してはいけません。
ここまでくると完全にお手上げの状態なのだから、無駄な足掻きは止めることです。

 

ですから貸金業者に正直に「返せません」と伝えることです。

 

貸金業者は「他から借りてでも返せ」とは言ってきません。
優良な業者なら少しくらいの期間なら待ってくれることでしょう。

 

そして次の収入が入ってきたら遅れた分を支払えばいいのです。

 

今の時代、貸金業者はどこも優しく対応してくれますよ。
過酷な取り立てなんて一昔前の話しです。

 

ですので余計な心配はしないで返せないものは返せないとハッキリと伝えるようにしましょう。

 

では、少しの期間待ってもらっても返せない場合はどうしたらいいのか?

 

この場合には残念なことですが、債務整理をするしかありません。

 

業者としても1〜2回は待ってくれたとしても何ヶ月も待ってくれるものではありません。
取り立て行為も増えてくるでしょうし、当然ですが信用情報にも登録をされてしまいます。

 

ですから、こういう場合にはキッパリと債務整理をしてしまうことです。

 

大事なことは、早いうちに債務整理をすること。

 

そうすれば、その後の支払いも軽微なもので済みますし、再起も早い段階から可能となります。
多重債務者になってからの債務整理は自己破産以外に解決方法がなくなってしまいます。

 

でも、早いうちに債務整理をすれば任意整理で済みますし、毎月の返済もそれほど苦にはなりません。

 

このように借金を重ねて返すような状態になる前に債務整理をしてしまえば、その後は大いにラクになれます。

 

借金が返せない場合まとめ
  • 少し待って貰えば返せる→後にまとめて返す
  • ずっと返せない→債務整理

この判断基準を履き違えないようにしましょうね。

 

債務整理を必要以上に恐れない

 

債務整理することを必要以上に恐れる人がいます。

 

例えば、「自己破産をすると会社は解雇されて隣近所にも知れわたってしまう、選挙権も失って社会から抹殺されてしまう」と本気で思っている人がいます。

 

どちらかというと、真面目な人に多いみたいですね。
それに今まで順調に人生を歩んできた人にも多いようです。

 

じつは、こんな間違った認識を本気で信じていている人ほど多重債務者になり易いのです。
そして最後には夜逃げなどの最悪な結果を選択してしまうことになります。

 

反対に、いい加減な人ほど多重債務者になる確立は低くなっています。
いい加減な人はちょっと返済が苦しくなると、すぐにギブアップをしてしまいます。

 

つまり返済を放棄してしまうのです。

 

いい加減な人ほど借金の苦しみは軽い

 

ですが、この選択が多重債務者へならずに済んでいるわけで、結局は本人は元より業者に対しても被害が少なくて済んでいるわけです。

 

つまり、借金問題に関しては、真面目な人ほど最終的には周囲に大迷惑を及ぼし、
いい加減な人ほど少しの迷惑で済んでいることになっているのです。

 

ですので、借金の返済が苦しかったら、いい加減な人になってください。
真面目に返していてはいけないのです。

 

その真面目さが自分を更に苦しめる原因にもなりますし、業者にも多くの損害を与えてしまうことになるのです。

 

借金の返済が苦しかったら、まだ借金額が少ないうちに債務整理をしてしまいましょう。
早めの債務整理なら立ち直る労力も少なくて済むし、業者に与える迷惑も軽微なもので済みます。

 

借り手貸し手の双方のためになるのが、早めの債務整理なのです。

 

こういう理由から債務整理を恐れずに早めの対策を立てて実行してしまいましょう。
借金の返済については我慢は厳禁です。

 

(言うまでもありませんが、資金的に余裕がある人は借金の返済を優先させなければいけません。債務整理をする場合は本当に返済に困っている場合のみです)

 

 

債務整理をしても社会的制裁は無いに等しい

 

債務整理をしても社会的制裁はほとんどありません。
任意整理の場合でしたら、自分で言わないかぎり会社にも知られることはありませんし、上手くやれば家族にも内緒でできます。

 

誰にも知られずにひっそりと実行できるのが任意整理の良いところです。

 

自己破産にしても、心配するほどの影響はないでしょう。

 

自己破産をすると官報という政府が発行する情報誌に破産者として名前が掲載されます。
ですが、官報を見る人はどれほどいるかということです。

 

行政関係の仕事をしている人や一部のマニア位のものでしょう。
一般の人が官報を見ることは無いに等しいことです。

 

ただし、警備や保険募集の仕事をしている人、会社役員、一部の国家資格を所持している人は自己破産をするとその仕事に従事することができなくなります。

 

ですが免責が確定されれば、復権されるのでそれほどの影響はないといえます。
予めご自身の仕事が該当するかどうか調べておきましょう。

 

 

借金の悩み即解決/相談所ベスト

サンク総合法律事務所

サンプルサイト

サンク総合法律事務所は安心信頼の弁護士事務所です。相談者の置かれた状況を第一に考え、最適な解決方法をアドバイスしてくれます。女性の方にもおススメできる専門家です。

≫詳細ページ

司法書士法人 杉山事務所

サンプルサイト

週刊ダイヤモンド誌でサラ金が恐れる司法書士NO.1に選出された専門家です。過払い金の返還実績も日本一。借金をがっちりと減らしたい人に特におススメです。

≫詳細ページ

 


過払い金で借金を精算するという方法もある

 

借金を精算する方法として、過払い金を利用することも有効です。
過払い金は余分に支払ってしまった利息のことです。

 

例えば、100万円の借金があるとします。
100万円にかかる利息は15%の15万円。

 

(ちなみに10万円までは20%、100万円未満は18%)

 

しかし、かつては利息を制限する法律が2つ存在していまして、出資法という法律では、なんと29.2%というとんでもない高金利で支払っていたのです。

 

この高金利は平成22年6月に実質的に廃止になりましたが、それ以前の支払い利息にはガッチリと含まれていることになります。
この高い方の金利と現在の金利との差額が過払い金ということになります。

 

100万円の借入れの場合では、29.2%-15%=14.2%。
金額にして142,000円の過払い金が生じていることになります。

 

これが支払っていた年数分続くということです。

 

2年間の借入れなら284,000円。
4年間の借入れなら568,000円ということですね。

 

(実際には借入れ残高に利息が掛かっているので多少は前後しますし、延滞金を払っていれば更に過払い額が増えていることになります)

 

もし、10年間も100万円を借り続けていたら、とんでもない金額になっていることになります。

 

実際問題として100万円の借入れだけで済んでいる人は少なく、200万円、300万円、500万円と次第に増えていっている人がほとんどです。

 

過払い金で借金残金を精算しよう

 

以上のようなことから、今まで支払ってきた利息に過払い金が含まれているなら、それで借金を精算しましょう。

 

かなりの借金額を減額することが可能になります。
中には、ゼロになったり返金される場合もあります。

 

これが過払い金で借金を精算する仕組みになります。

 

過払い金で借金を精算するためには、弁護士や司法書士に過払い請求を依頼することです。

 

過払い請求は自分でも出来ますが、ものすごい苦労が伴います。

 

と言いますか貸金業者が相手にしてくれません。
業者によっては専門家を通じて交渉するようにハッキリと求めてくる場合もあります。

 

個人で過払い請求をする場合は、業者と対等に交渉できる知識と胆力、時間が必要になってきます。

 

素人の人が簡単にできるものではないので、個人で交渉するのはやめておいたほうが良いと言う以外にありません。
過払い請求に関しては手数料を支払っても専門家に任せるべきと強く認識して欲しいと思います。

 


過払い金請求は実績のある専門家へ頼むこと

 

過払い金請求は実績のある弁護士や司法書士の専門家に頼むことです。
過払い請求や債務整理の経験が全くない専門家に頼んではいけません。

 

そうでなくても一部で過払い金を着服する詐欺が横行しています。

 

過払い金というのは、全ての交渉を専門家に一任するので、その過程を伺い知ることはできません。
ですので、詐欺を働こうとすればいくらでも出来てしまうのです。

 

しかし、過払い請求や債務整理を専門にしている事務所なら今までの信用もあるので詐欺などできるはずがありません。
たった数十万円や数百万円で今の地位を捨てるはずがありませんからね。

 

こういった理由から過払い請求をする際には必ず名の通った専門家に頼むようにしてください。
名の通った専門家なら素早い返還も可能ですし、満額を目指して請求をしてくれます。

 

過払い請求の経験のない専門家だと貸金業者に言いくるめられて少しの金額しか返金されません。
実際に2〜3割で和解してしまう例もあります。

 

しかし、経験豊富な専門家なら10割返金を目指してくれます。
もし、それが無理でも10割に近い額で交渉をしてくれます。

 

これが過払い請求は実績のある専門家に頼むことの理由です。

 

 

過払い金で借金を返すことは常識

 

今や過払い金で借金を返すことは常識です。
長期間、借金をしていた人ほど多くの過払い金が見込めますし、借金の額が多いほど同様に多くの過払い金が生じています。

 

最近、テレビでも盛んに宣伝していますね。
もはや、過払い金のことを知らない人はいないでしょうが、実際に過払い請求に至る人はまだまだ少ないようです。

 

過払い金のことは知っているけど、請求することには躊躇しているということです。

 

では何故、過払い請求を躊躇するのか?

 

それは信用情報に傷付くことを心配しているのです。

 

実は、借金がある人が過払い請求をすると、それは任意整理の扱いになります。

 

しかし、借金の元金も利息(法定利息)も完済できて、かつ過払い金が生じている場合には信用情報に傷付くことはありません。

 

元金、利息共々返済しているのだから信用情報に登録されるいわれがないのです。
払うべきものはしっかりと払っているわけだからです。

 

ただし、借金と過払い金を相殺しても借金の方が多い場合は実質的に任意整理扱いとなるので注意が必要です。

 

もし、信用情報に傷付くのがイヤでしたら、完済してから過払い請求をしましょう。
過払い請求の時効は完済してから10年ですので、完済後に直ぐに請求をすれば時効の心配はありません。

 

もちろん、金銭的に余裕のある人しか出来ない方法ですが、どちらにしても過払い金はあなたのお金です。

 

自分のお金を取り戻すことは当たり前のことです。
借金中にしろ完済後にしろ、過払い請求は必ず行うようにしましょう。

 

 

過払い請求のデメリットは?

 

過払い請求をすると何か良くないことがあるのでは? と思って過払い相談をためらっている人もいることでしょうね。

 

実を言うと過払い請求のデメリットは存在しています。
まずは過払い請求のデメリットをシッカリと把握しておいてから過払い請求をするかどうかを決めましょう。

 

過払い請求に2通りの方法があります。

  • 1つは完済後の過払い請求。
  • もう1つは取引中の過払い請求。

完済後の過払い請求は何のデメリットはありません。安心して過払い金を取り戻すことができます。

 

ハッキリしたデメリットがあるのは、取引中の過払い請求です。

取引中(借入中)の過払い請求は、「任意整理」という借金整理方法に該当します。

 

任意整理は将来に渡って支払う利息を全部カットしてもらい、元金を長期の分割で支払っていく方法です。
この際に、過払い金を元金に組み入れて借金総額を減らす「金利の引き直し計算」を実行します。

 

つまり任意整理は、

  • 将来利息カット
  • 元金の引き直し計算
  • 計算後の残金を分割払い

という流れになっていきます。

 

このように任意整理は借入金を様々な方法で圧縮して、債務者の負担を軽くする債務整理方法となります。

 

ご存じのことと思いますが、債務整理をすると「信用情報機関」に金融事故登録をされてしまい、今後は新たな借入れやカード類を作ることができなくなります。

 

管理人の経験から「任意整理」のペナルティ期間は5年です。
金融事故登録されてから5年間は、金融業者からの借金は一切できなくなります。

 

管理人の場合は、ちょうど5年目に新たなクレジットカードが作れるようになりました。

 

ただこれも任意整理をした業者からは無理です。
例えば、消費者金融のA社からの借金を任意整理した場合は5年を過ぎてもA社からの借り入れはできません。

 

A社以外の金融業者からは普通に借り入れることはできますが、一度債務整理をした業者からの借入れは殆どの場合で難しくなります。

 

以上のように取引中の過払い請求は、金融事故扱いになり、いわゆる「ブラック」に相当するので注意が必要です。

 

ただし、過払い金が借金の額を上回る場合は別です。

過払い金>借金+利息

 

過払い金が借金を上回る場合

 

この場合は、完済扱いになり金融事故扱いにはなりません。
ブラックになることもなく、今まで通り借金を利用し続けることができます。

 

 

以上のように、過払い請求のデメリットを上げるとしたら、これくらいです。
どうしてもブラックになるのがイヤでしたら完済するまで頑張るしかありません。

 

完済してから新たに過払い請求をすればいいでしょう。

 

過払い請求の時効は完済後10年間です。
10年以内でしたら、いつでも過払い請求ができます。

 

借入中の人は今は苦しいでしょうが、もうしばらくの辛抱です。
しっかりと完済してから堂々と過払い請求をしましょう。

 

もちろん、今を乗り越えることが一番大事なことですので、返済が無理そうな人は債務整理で負担を柔らげることを考えましょう。

 

過払い金で借金を大幅に圧縮できた人も大勢います。
まずは一度過払い金調査を受けてみることです。
過払い金の額によって、返還請求するかどうかを決めてもいいでしょうね。

 

 

借金の悩み即解決/相談所ベスト

サンク総合法律事務所

サンプルサイト

サンク総合法律事務所は安心信頼の弁護士事務所です。相談者の置かれた状況を第一に考え、最適な解決方法をアドバイスしてくれます。女性の方にもおススメできる専門家です。

≫詳細ページ

司法書士法人 杉山事務所

サンプルサイト

週刊ダイヤモンド誌でサラ金が恐れる司法書士NO.1に選出された専門家です。過払い金の返還実績も日本一。借金をがっちりと減らしたい人に特におススメです。

≫詳細ページ