払った借金を返してもらうには

借金を減らすどころか返してもらいましょう

 

借金の返済に四苦八苦している時は少しでも返済を減らしたいと思います。
任意整理するのも毎月の返済を減らしたいためにするものです。

 

 

しかし、返済どころか返してもらえるお金がある場合も多々あるのです。
これを過払い金と言います。

 

 

過払い金は払いすぎた利息のこと。
最近、テレビCMでもよく見かけますよね。

 

 

過払い金は何のことはないあなたのお金なのです。
本来なら所有者に返金しなければならないお金を
業者がちゃっかりと着服してしまっているのです。

 

 

そのままだと永遠に取り戻すことが出来なくなります。
心当たりのある人は今すぐに取り戻しましょう。

 

借金を減らすどころか返してもらおう記事一覧

過払い金というのは本来なら支払わなくてもいい利息のこと。余分に支払ってしまった利息分なのです。なぜ、こんなことが起きたのか?平成20年までは利息の規定が2段階になっていました。高いほうが出資法。低いほうが利息制限法。出資法は上限が29.2%になっていました。一方、利息制限法はそれより断然低くて100万円の借り入れの場合で15%。その差 14.2%。つまり同じ100万円を借りても出資法の場合では14...

過払い金の請求手続きは大変複雑なのでしないほうがいいのか、多少の過払い金なら諦めたほうがいいのか、けっこう悩むことと思います。結論から言って、手続きが複雑で面倒なのは個人で行った場合だけです。確かに個人での過払い金請求はたいへんです。過去の取引履歴の開示請求から始まって、引き直し計算、そして貸金業者に返金の請求という流れになります。取引履歴の開示請求と引き直し計算はどうにかできたとしても、過払い金...

過払い金を取り戻す手続きを過払い金返還請求といいます。その費用は専門家によって異なっています。ただ、相場というものがあって専門家間で極端な差はありません。例えば、ある借金問題の弁護士は、返金額の20%、訴訟の場合は25%。その他の費用としては成功報奨金1社あたり19800円、別途事務手数料実費がかかります。例えば、貸金業者3社からそれぞれ10万円、計30万円の過払い金を取り戻せたとします。返金額の...

苦しい時にお金を融通してくれた消費者金融には恩があるので、たとえ過払い金があったとしても遠慮しておこうと思っているあなたは偉い。昭和の時代の義理と人情に生きる職人みたいですね。ですがよ〜く考えておいて欲しいことがあります。困った時に貸してくれたお金にはちゃんと金利を付けて返しているという事実を。キチンと利息を払って借りたお金と認識しようタダで借りたものではありません。業者には約束した利息をしっかり...

今さら返金手続きなんて面倒と思い、過払い請求を諦めてしまう人がいます。今さらということは、過去に借金をしていて多くの利息を支払っていた人ということになります。今は生活に余裕があるのでしょう。面倒というだけで過払い金はいらないということですかね。ですが、ちょっと待ってください。過払い金というのは請求しないと時効によって永遠に回収が出来なくなってしまいます。10年間、請求のアクションを起こさないと過払...

過払い金返還を受けるとブラックリストに載るからと返金請求をためらっている人がいます。じつは過払い金の返還を受けてもブラックリストに載る場合と載らない場合があるのです。まず、載らない場合。過去に借金していたけど完済して今は一切借りていない状態。この場合では、約束とおりに返済を続けてきたわけだし、法律で定められた利息もキチンと支払ってきたケースです。何一つ業者に迷惑をかけていないし、損失も与えていませ...

大手のクレジット会社や銀行系の消費者金融は過払い金の返金準備をしています。「過払い金を返金する準備が整っています」とコメントを出している業者もいます。アイフル、レイク、アコム、プロミスの消費者金融とセゾンカード、オリコ、ニコス、エポスのカード会社から借金をしていた人は直ぐに過払い請求をしましょう。せっかく業者から「過払い請求待ってます」と言っているのだから請求しないと損ですよ。逃げ回っている業者や...