借金の内容

借金に内容

DX妖怪ウォッチタイプ零式

借金の内容はいくつかの種類があります。
将来を見据えた資産の形成となるものやその日暮らしの無駄使いのものまで。

 

 

借金そのものがいけないのではなく、使途が問題なのです。
借金で苦しまないためにも良い借金と悪い借金を知っておきましょう。

 


借金の内容記事一覧

親が借金を残した場合には相続で借金も引き継ぐことになります。しかし相続放棄の手続きをとれば支払うことはなくなります。 ただし、 他に資産がある場合はそれも放棄しなくてはなりませんので注意が必要です。親が商売をやられていたり、会社を経営したりしている場合に多いですね。このご時世ですから十分な資産を残してくれる親御さんのほうが少ないことでしょう。借金も財産のうちと良く言いますが、(財産−負債=資産)で...

住宅ローンは資産形成の一部でもあるし金利も低いので単純にサラ金とかカードローンの借金とは同一視できません。しかし、昨今の不況により住宅ローンが払えなくなって 自宅が競売になってしまう人が急増しているようです。住宅ローンは、3ヵ月滞納すると(期限の利益の喪失)になり何千万円もの借入金の一括返済を求められます。月々に分割して返済する権利を喪失するわけですね。でも一括返済を求められても支払えるわけがあり...

金融円滑化法が2013年3月に終了しました。金融円滑化法とは、住宅ローン借入者や中小零細企業向けに借金返済を猶予する法律です。多くの人や企業が利用して再起を図ってきました。 では、終了後はどうなったのか?債権者が猶予を止して、従来のように厳しい回収を始めたのか?気になることと思います。しかし金融庁は、銀行などの債権者に「円滑化法終了後も引き続き債務者の相談に応じるように」という指針を要請しました。...

過払い金請求をすると思わぬ多額の収入があります。(実際には収入でなく、返してもらうお金のことですが…)過去に多額の借金をしていたとします。今までサラ金は収入の多い人、信用力のある人には幾らでも貸してくれました。そういう人は、多額の借金をして多額の利息も払ってきました。そんな状態を何年も繰り返していると、借入金に比例して高額の利息を支払ってきているのです。当然、支払った利息は、利息制限法を超える違法...

借金の延滞損害金を払っていた人はその分まで請求することができます。延滞損害金は返済期日から遅れた分にかかる割増金利のことですが、もともと支払わなくてもいい金利に加算された金利です。延滞損害金は通常利息の1.46倍まで請求することができます。この差額は過払いとして取り戻せることができます。遅延損害金を払ったことのある人は過払い請求してキッチリと返してもらうことです。

借金返済を一本化しても決して借金苦は解消しません。金利の安い融資一つにまとめれば、返済もラクになるし返済の手間も一回で済むと思います。確かにそれは事実ですが、問題は後のこと。今までに借りていた借入れ枠が丸々空くことになります。いや、それどころか一括返済したことによって与信枠が増えてしまうかもしれません。つまり、以前よりも借りられる条件が良くなってしまうことになるのです。こういう時に借金の誘惑に耐え...

「借金も財産のうち」と言います。ですが、この言葉の意味を間違えてはいけません。ふつう、借金ができる人は人間性が認められてお金を貸して貰えます。また、もしもの時にも返していける担保となるものを持っていることもあります。つまり、信用力があるから借金ができるということです。こういう人は「借金も財産のうち」と言えるでしょう。ですが、ごく普通の人が消費者金融やフリーローンを借りたからといって財産のうちとは言...

私の借金地獄体験は悲惨でした。債務整理するまでの数年間はこの地獄をさまよい続けていました。なにが地獄かというと神経が休まることが片時もないのです。今月の返済はどうしようとか、どこから工面して返そうとか、借金取りからの取り立てが怖いとか、家族にバレたらどうしようとか、様々な悩みが混乱して神経が休まることがないのです。今の時代、追いかけられたり暴行されるということはありませんが精神的な圧力はかけ続けら...

夫が自己破産した時に妻の家事債務を指摘されることがあります。この場合には妻にも借金の返済義務が生じるのでしょうか?まず、家事債務とはどういうものか、知っておきましょう。家事債務は、借りたお金を生活費などに充てた場合に生じます。日々の食費や家賃、外出のための交通費など。これらの出費は妻も旦那と同じように使ったわけだからその分は妻にも返済する義務があるという理屈です。借りたのは夫であるけれど妻も一緒に...

自己破産を考えている人の中には、「借金額が少ないのでは」と思っている人もいます。しかし、自己破産の申請には、借金額が〇〇〇万円を超えていなければならない」という規定はありません。例えば「99万円までは認められないが100万円以上だったら認められる」ということはないのです。自己破産が認められる基準は、「返済能力を超えているか、いないか」で決まります。たとえ80万円でも、債務者が手取り10万円だったら...